SCSKサービスウェアで働く仲間のメディア

未経験で仕事を「こなす」意識から、チャレンジ精神へと変化。貪欲に仕事に取り組める!

SCSKサービスウェアのプロジェクトの中でも、正確さと迅速さが求められるバックオフィス業務。専門性が高い分野のプロジェクトが多く、敷居が高そうに感じますが、デスクワーク未経験の社員も多く活躍しています。
そこで今回は、特に正確さが求められる生命保険会社のバックオフィスプロジェクトを担当している、沖縄センターの比嘉あゆみさんにインタビュー!
入社の経緯や仕事のやりがいなどについて、お話をお聞きしました。

【プロフィール】
■比嘉 あゆみ|契約社員H(時給制)
沖縄センター/2020年3月入社
当社で就業される前は、保険会社の営業を行っていた経験があり、沖縄センターのプロジェクトでも保険に関するプロジェクトで、前職の経験を活かしながら、今ではメンバーのサポートも担当している。

オペレーターから新たな領域に挑戦中。

Q.現在の仕事内容を教えてください。
比嘉さん:
生命保険会社のバックオフィス業務を担当しています。
契約者の方が保険金を請求する際に、手書きの請求書や診断書を保険会社に送付する必要があるのですが、それらの書類を入力してデータ化する業務です。
入社して1年ほどはオペレーターとして入力業務をしていましたが、その後はオペレーターの質問を受け付けたり、SV(スーパーバイザー)の資料作成を手伝ったりする業務をしています。
マニュアルはありますが、医師が発行する診断書はフォーマットがバラバラなので、イレギュラー対応が多く対応力が問われる仕事ですね。

Q.SCSKサービスウェアに入社した経緯は?
比嘉さん:
もともと出身は冲縄で、地元の大学を卒業しました。
就職を機に県外に出たい気持ちが強く、愛知県で保険の営業職に就きました。
ひとり暮らしをしながら、バイクに乗って外回りの営業をする毎日は楽しかったのですが、ケガをしたり体調を崩したりしたので、しばらく休もうと沖縄に帰ることにしました。
最初は体を休めることに専念していたのですが、そろそろ働こうと仕事を探し始めたときに、SCSKサービスウェアの求人を見つけました。
以前からデータ入力の仕事に興味があり、しかも保険関係の支払いに関する業務だと書かれていたので、保険営業の経験が活かせると思って応募しました。
でも、そのときは長く続けるつもりはあまりなく、「やってみようかな」くらいの軽い気持ちでした(笑)。

未経験でも、先輩方のフォローでスキルアップを実感。

Q.軽い気持ちから始めて、ここまで長く続いている理由は?
比嘉さん:
まず、データ入力の業務が性に合っていることがわかりました。
デスクワークに慣れていなかったので、ずっと座って仕事をしていると目も腰も最初は痛かったのですがすぐに慣れました。
また、同僚のみなさんがとても優しくて居心地が良かったことも、続けられた理由です。
最初はわからないことが多く、質問するときは手を上げるのですが、手が上がりっぱなし(笑)。
それでも、嫌な顔ひとつせず、質問受け担当の先輩やSVの方が教えてくれました。
教えてもらっているうちに、自分で判断できることが多くなり、1件あたりの入力時間が短くなってスキルアップを感じられると、仕事が楽しくなっていきました。

チームとしての取組が成果につながると、やりがいを感じる。

Q.仕事のやりがいは?
比嘉さん:
やはり、目標件数を達成したときにやりがいを感じます。
個人として達成したときはもちろん、チームとして達成できるとうれしさは何倍にもなりますね。
保険関係の業務は、口座情報など重要なデータばかりで、入力ミスが許されません。
チーム内で入力ミスを防ぐために話し合い、試行錯誤しながら取り組んで、それが数字として成果が見えたときに、頑張ってよかったと思います。

仕事を「こなす」意識から、貪欲に取り組むように。

Q.入社してから、自分が成長したと感じるのはどんなところでしょうか?
比嘉さん:
仕事に対する考え方が変わりました。
入社したころは与えられた仕事を「こなす」という考え方でした。自分は大きな歯車の一部だから、目の前の仕事をやれば良い、と軽く考えていたところがあったと思います。
しかし、オペレーターから質問受けに立場が変わるとき、「自分でいいのかな?」と思いつつも、任されたということは評価されているということ。チャンスをもらえたことが自信になると同時に、任せていただいたからにはチームに貢献したい、との気持ちが強くなりました。
最初は自信がなかった質問受けの仕事ですが、やってみたら楽しく役割を務めることができて、さらに自信になりました。
今は前向きに、新しい仕事にどんどんチャレンジしたいと考えるようになり、仕事に対して貪欲になりました。

研修が充実。必要なときに必要なことを学べる環境。

Q.仕事に対するフォロー体制は充実していますか?
比嘉さん:
教育体制がしっかりしていて、研修がとても充実しているので、必要なときに必要なことを学ぶことができます。
最近では管理者育成のための研修を受けたのですが、とても学ぶことが多かったです。例えば、入社時に新人研修を受けたのですが、「私が受けた研修は、ココにポイントがあったんだ」などの気付きがたくさんありました。視野が広がり、今後の仕事に役立つと思っています。

今後もチャレンジをして、仕事の幅を広げたい。

Q.今後はどのように働いていきたいですか?
比嘉さん:
オペレーターから質問受け、資料作成と、仕事の幅が広がってきているので、今後もチャレンジをしてできることを増やしていきたいと考えています。
そのためには、信頼を得るためにもひとつひとつの仕事を大切にしたいですね。
また、当社で長く働き続けたいとも考えています。今のチームはお子さんがいるメンバーも多いのですが、さまざまな事情に合わせて柔軟に対応してくれる会社だと感じています。
私もこれから結婚や出産を迎える年齢ですが、産休や育休、時短勤務を使いながら、働き続けたいです。時短勤務などの制度はあっても雰囲気的に使えないことがあると聞いたこともありますが、当社はまったくそんなことはありません。
有休消化が少ないと、早く有休を取れと急かされるくらいです(笑)。

上長に希望を伝えやすい雰囲気。自分に合ったキャリアプランを相談できる。

Q.最後に、SCSKサービスウェアに興味がある人にメッセージをお願いします
比嘉さん:
当社は休みが取りやすく、時間外の手当もしっかり出る会社です。
まずはそこを強調したいですね(笑)。
長く働き続けるためには大切なことだと思います。
また、一人ひとりの希望に合った働き方ができます。
子どもがいて短時間だけ仕事をしたい人も働きやすいですし、頑張って上を目指したい人にはチャンスが与えられます。
新しいプロジェクトが立ち上がるとき、興味があれば異動することもできます。
風通しが良く、上長に希望を伝えやすい雰囲気があるので、自分の進みたい方向を相談しながらキャリアプランを立てていくことができます。
あともうひとつ強調したいことは、沖縄センターは新築ビルに引っ越しました(笑)。空調設備が新しいので室内の空気がキレイですし、トイレもピカピカで数も多いです!快適な環境で仕事をしたい人には、自信を持っておすすめできます。