SCSKサービスウェアで働く仲間のメディア

東京ITヘルプデスク(新宿):初めて戻りたいと思った会社!再入社に至った魅力とは?

今回は、バイリンガルのITヘルプデスク及びITセキュリティを担当している大山 哲弥さんにインタビューを行いました。
SCSKサービスウェアを一度退職された後、2022年3月に再入社された大山さん。
入社のきっかけや、再入社したいと思うほど魅力を感じた社風や社員の雰囲気などについて伺いました。
SCSKサービスウェアの魅力が存分に分かるインタビュー内容となっています。

【プロフィール】
■大山 哲弥さん
東京PrimeDesk(新宿) ITヘルプデスク/2019年入社

2019年に1回目の入社をし、当時はリーダー職として勤務。
一度退職して1年ほど別の仕事を経験し、2022年3月に再入社。現在メンバーとして在籍。

知人からの誘いが入社のきっかけに

Q.入社したきっかけを教えてください。
大山さん:
前職では外資系のIT企業で地図アプリの制作に関わっていました。そのとき、当社で働いている知人から「新規プロジェクトの立ち上げを行うから手伝ってほしい」と仕事の紹介を受けたのが入社のきっかけです。
「あなたには絶対この仕事が向いているから、一緒に働きたい」という知人の強い思いに心を動かされました。
前職の外資系IT企業での経験や、海外に在住していた経験、英語力も活かしていけるのではと思い、入社を決めました。
また、人の良さや社風に魅力を感じたのも、きっかけの一つです。

Q.入社後の仕事内容を教えてください。
大山さん:
入社後は、外資系車メーカーのITチームにバイリンガルのITヘルプデスクとして常駐しました。
業務ではバイリンガルを活かし、海外とのビデオ会議の接続や機器セットアップの準備、アプリケーションのサポートなど各種PCのトラブル対応などを行ってきました。多国籍でグローバルな企業なので、さまざまな国籍の方からのお問い合わせがありました。
また、コロナ禍でビデオ会議が日常化し始めた頃でもありました。重要な会議で回線がつながらなかった際に修羅場に呼ばれるので(笑)、厳しくも面白い仕事でした。
特に私が対応した中で、大変でもあり貴重な経験だったのが、技術研究所へのITサポートで、新型車の診断アプリの新バージョンが上手く動作せず、日本導入が遅れそうだったのを、欧州やインドの各ITチームと直接連携して試行錯誤し、なんとか日本導入期日に間にあったというのがありました。
エンジニアたちとの作業の時間調整・遠隔での協力の依頼といった基本的なことから多く得るものはありまし、目標に向けて少しでも貢献できたことは自分の自信につながりました。

Q.再入社したきっかけと現在の仕事内容を教えてもらえますか。
大山さん:
2020年の末にプロジェクトが終了したタイミングで、当時のマネージャーに「他の仕事にチャレンジしたい」と相談し、一度退職しました。
もともと海外営業をやってきたこともあり、そういう分野で再びチャレンジしたのですが、転職先企業が買収された影響などがあり、予定していた環境が変わってしまいました。
やりたかった仕事に関われないなら、もうここには居場所がない…と感じていたときに「大山さんに適任の案件があるから戻ってこないか」とSCSKサービスウェアの社員から声をかけてもらったんです。

2022年3月に再入社し、今年の7月頃に正式に外資系のコンサルティング会社にバイリンガルITヘルプデスクとして常駐する予定です。
現在はITセキュリティ関連の期間限定のプロジェクトのチームに常駐しています。
昨今セキュリティが重要視されている中で、日々緊張感もありますが、非常にやりがいのある仕事であると感じています。

個性あふれるメンバーが在籍

Q.社内にはどんな人が多いですか。
大山さん:
良心的で優しい人が多いです。能力の高い社員も多いため、尊敬できる上司が多く在籍しています。

個性的な社員が多いのも特徴の一つですね。
人格者のような方がいたり、柔軟性のあるしなやかな方がいたり、独特の空気を持っている方がいたり、魅力はさまざまです。
個性あふれる社員が多いため、日々さまざまな方とコミュニケーションがとれて、とても勉強にもなっていますね。

ゲームでコンプリートしたような喜びが感じられる

Q.どんなときにやりがいを感じますか。
大山さん:
トラブル解決に向けて真剣に取り組んだ結果、解決できたときは大きなやりがいを感じますね。困っている方を自分の知識で助けられるんです。
トラブル内容によっては、「明日までに解決しなければならない」と時間との勝負となる場合もあります。
これまで培ってきた技術や経験を活かして、時間までに解決できたときは、ゲームでコンプリートしたような喜びを感じます(笑)。しかも、テレビゲームよりずっと真剣な現実ですからね。
「これでプレゼンに間に合う!助かったよ」などと感謝の言葉を伝えてもらえるのも、やりがいの一つですね。

初めて戻りたいと思った会社!

Q.SCSKサービスウェアの魅力を教えてください。
大山さん:
最大の魅力は、自分に合った仕事にチャレンジができる環境が整っているところです。
私は、2020年に一度SCSKサービスウェアを退職し、2022年3月に再入社しました。

自分の人生でこれまで学生時代の様々なインターンから始まり、出向や客先常駐も含めて15社ほどの企業に勤めた経験がありますが、ここは初めて戻りたいと思える会社でした。
その理由は、人の良さと挑戦できる環境があるためです。
「また一緒に働こう」と快く受け入れてくれる社員の人柄も素晴らしいと感じましたね。

PC好き・人のサポートをしたい人におすすめ

Q.SCSKサービスウェアはどんな人におすすめしたいですか。
大山さん:
IT業界で働いたことがなくても、自作でPC制作にハマっていた自分のように、趣味でPCをいじったことのある方やPC関係の勉強をしてきた方などは大歓迎です。
SCSKサービスウェアでは、自分のこれまでの知識を用いて、人のサポートや人の役に立つことができます。

現在、IT技術は需要が増しており、将来性のある業界です。
時代の最先端に立って働きたいと思っている人もぜひ一緒に働きましょう。

お世話になった元上司に恩返しがしたい

Q.今後の目標を教えてください。
大山さん:
再入社を快く受け入れてくれて本当に感謝しています。受け入れてくださった方やお世話になった元上司の方々に恩返しがしたいという思いが強いです。
今年の7月頃から常駐する新しいプロジェクトで一緒に働く予定の社員さんも非常に優秀な方なので、楽しみです。
これまでのIT経験や英語力を存分に活かして、会社や社会に貢献する人材となるのが今後の目標です。
「大山さんが戻ってきてくれてよかった」と言ってもらえるような働き方がしたいですね。

経験でも成長できる環境

今回は、バイリンガルのITヘルプデスクを担当している大山 哲弥さんに話を伺いました。
SCSKサービスウェアを一度退職された後、2022年3月に再入社。
現在は、周りの社員に恵まれ、働きやすい環境で充実しているとのことです。
SCSKサービスウェアの最大の魅力は、良心的で優しい人が多いところです。

SCSKサービスウェアでは、未経験の方も成長できるための研修制度やOJT環境が整っています。
そのため、IT業界の経験がない方でも、人のために力になりたい方やPC好きな方は大歓迎です。
年齢や経験は関係なくステップアップできる会社なので、好きなことを活かして仕事にしたい方はお気軽にご応募ください。